白髪染めのカラーブームとトリートメント

カラーブーム後、トリートメントのコーティング剤、か次から次へと開発され、補修のための技術が進歩しました。しかし、これは髪を壊すことが前提となったものでしかありません。

いろんな技術を繰り返しても結果は同じ。さらに髪を壊していきます。白髪であっても黒髪であっても、茶髪であってもどんなカラーでも脱色されていきます。壊れた髪老再生するには、傷んだ部分をカットするしかありません。

トリートメントなどで髪を補修したところでよくなることはなく、髪も再生しません。補修の技術が発達したから、「髪は壊していいんだ」「そのほうがお金になる」と思っている美容室も少なくありません。

その証拠として、カラーリングやパ1マをするとき、美容師は必ず「髪が傷まないようにしますね」と言います。しかしそれは一転して、次に来店したとき、「髪が傷んでいますね」とまったく違うことを平気で美容師は言って、トリートメントをすすめたりします。

美容室では髪、素材を壊すことばかりで、その対症療法に終始し、まったく話し合いはされていません。お客様が気に入らなければ、その美容室に行かなくなるだけで、クレームすら届かない美容室も多いのです。

補修としてトリ!トメントなどが薬品として役立つことはわかっていても、それが見せかけであることやカラーリングの危険性もわからなければ、本来の髪の再生そのものについても理解していません。

髪の再生と補修は別ものだという意識から、カラーリングが日々、されているのです。

髪の老化は個人差もあります。髪、か細くなり、髪の力、か弱くなり脱毛や白髪が増えたことをすべて年のせいだと思っている人が多いですが、カラー剤などの薬害で髪の老化をはやめているのであって、本来卯歳の女性でも髪は再生するのです。カラーリングを続けると白髪も増え、脱毛も増えます。

しかし、傷んだ髪はカラーリングやパーマなどの薬液の問題、だとは思わず、年のせいだと思っている女性がかなりいます。髪のトラブル(薄毛、白髪、フケ、枝毛、切れ毛、抜け毛、細毛、脂性、湿疹、ダメージヘアなど)が、カラーリングやパーマによるH薬害H が原因ではないかと疑ってみることです。

◆染毛料(化粧品)

①半永久染毛料(ヘアマニキュア、酸性カラl、酸性染毛料、ヘアカラー、カラートリートメント、カラlリンス)色材は、酸性染毛料と毛髪着色料。アゾ系酸性染料で染めます。

髪に染料が浸透します。液タイプのほかジェルタイプ、クリームタイプもあります。色持ちは214週間。②一時染毛料(ヘアマスカラ、ヘアカラースプレー、ヘアカラースティック)色材は、酸性染毛料と毛髪着色料。顔料は主に酸性染料を使用。スティックタイプ、液状タイプ、スプレータイプがあり、洗髪で落ちやすい。

Recommended Reading

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です