ヘナで白髪染めをすることが流行した理由

2000年、ヘナの粉をジェル状にした製品「ラクシュミ1ヘアカラlトリlトメントR」の販売を開始しました。日本初のチューブ状のヘナ商品です。お客様から「ヘナは面倒だ!」と簡便性老求められることが多くなり、簡単、安全を追究し、開発しました。

価格は2400円でヘナ2回分。開発の段階でネックとなったのがヘナの中の菌でした。水分で菌、かふくらむので、ガンマ滅菌することになりました。この商品は大ヒット商品となりました。

2003年にはリニュ1アル製品の製造販売も開始しました。しかし、この商品はヒットしたものの、色が染まりにくくなることがわかりました。製造後、日にちが経つごとに色素量の減少が認められたのです。原因は、赤色の染着作用のあるロlソン量の低下、劣化でした。ピlク老境にして数カ月で色がつかなくなったのです。年間10万本以上売っていましたが、2009年2月を最後にして製造販売を中止し、在庫2万本を残して廃棄しました。

ヒット商品でしたから、販売業者も突然の製造中止に怒りまくってきました。でも、そんな色がつかない、劣化した商品を売るわけにはいきません。これに伴い、約1000万円の借金を抱えることになりました。簡便性を求めすぎた結果です。

よい勉強になりました。その失敗からもう一度、初心に戻り、基本的な考え方を見直すことになりました。いまでは、ぜったい粉。時間と手閣をかけて髪の手入れをすることが髪にとってはとても大切なことと痛感しました。

●シャンプーも開発中

シャンプーを開発するにあたって、私には2つの目的があります。1つは、自分の使うものは自分でつくるということです。長い間、美容の仕事をしてきで切り離せないものがシャンプー剤です。

通常、サロンでは美容ディーラーが商材を持ち込み、サロン側は旬の商品を選びます。サロンで「新製品が出ました!いかがですか?」という会話、かされます。

時代、素材(髪)の変化によってシャンプーも変化しますが、よいモノがコロコロ変わること自体がおかしなことです。ホンモノは、時代によって変わるものではありません。

シャンプーの開発に取り組んでから約加年、およそ叩種類ほどの商品在世に送り出してきました。最初は化粧品会社選び、開発に関して研究者とミーティング、試作、お客様への使用テスト、製品化という流れを繰り返しゃってきました。商品ゃつくりに携わることでいろいろなととを学びました。

いちばん大きな学びは、シャンプー剤に使用する薬品の基礎知識です。これらを学ぶことにより、同時にH薬害H についても学ぶことができます。

2つ目は、経済面です。メーカー、美容ディーラー、美容室、お客様、これらの流れを変えることで、コストの削減ができます。削減した部分は美容室とお客様の利益になります。これを使って美容室は研究開発をすることができます。また、お客様にとって商品をより安く買うことができるという一挙両得が実現します。これからは共生の時代ですから、経済の仕組みも変えていくべきだと思います。

Recommended Reading

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です